WPでマルチドメインが使える使えない サーバーはどう違う?

2012年2月10日レンタルサーバーコメントは受け付けていません。
さて、WordPressでマルチドメンが使えるか否かがサーバー次第という事はすでに書いた通りです。今回はさらに具体的に、それが使えるサーバーと使えないサーバーはどう違うのかについて触れてみたいと思います。

マルチドメインをWordPressで使うためにはいくつかの条件が必要とされます。その条件とは如何なるものか、まずは、そちらから見てみたいと思います。


ワイルドカードDNS

WordPressでネットワークを作成(=マルチサイト設定)する上での「サーバー要件」として
“WordPress Codex 日本語版”の「ネットワークの作成」ページには下記のように書かれています。
サブドメイン型サイト
ワイルドカードサブドメインを用いて動作します。Apacheでこれを有効にし、DNSレコードにワイルドカードサブドメインを追加する必要があります。(設定方法は手順2を参照のこと)
サーバ側でワイルドカード設定済みのホストであれば、自分で行なうのはDNSレコードの追加のみです。
共有サーバは対応していないかもしれません。この機能を有効にする前に、自分のウェブホストを確認してください。
これを解りやすく言うと、ワイルドカードというのはアスタリスク「*」の事ですから、DNSに

*.domain.com

というレコードを追加しなさいよ、という意味ですが、ここにも書かれているように共用レンタルサーバーの場合はそう思うようにはなりません。ただ、この問題はサブドメインで同様の設定が出来れば回避できます。すなはちサブドメイン名として「*」が使用出来れば問題有りません。

しかし、中にはhetemlやロリポップのようにサブドメイン名として使える文字を制限し、そこから「*」を除外ている所も多いので、これもままならないケースが多いことも事実です。


「*」はどう作用するのか?

なぜ、この「*」が必要かというと、これは俗な言い方をすれば「何でも来い」的なURLになるという事になります。例えばWordPressをインストールしたURLが、

www.domain.com

であれば、aaa.domain.comであろうが、bbb.domain.comであろうが全てwww.domain.comが表示されるようになります。後はWordPress側でそのサブドメインがどのサイトを指すのかを判断して、それに見合ったサイトを表示するようになります。

要するにこれが設定できれば、後はWordPress側だけでサブドメインを使ったサイトを100%制御出来る、という事になります。

だからと言って、これが出来なければサブドメイン式のマルチサイトが使えない訳でも有りません。レンタルサーバー会社が通常提供しているコントロールパネル等でサブドメイン設定の際に
“www.domain.com”のインストールディレクトリを指定できればこの問題も回避出来ます。

確かにWordPress側で全て制御できればラクチンこの上なしですが、もしそうでないとしてもちょっとひと手間必要、といった程度の事でしょう。


目的がマルチドメインであれば必要ない

設定できれば便利この上ないワイルドカードサブドメインですが、これらが重要視されるのはあくまでサブドメイン型のマルチサイトを展開する場合に限られ、その用途がマルチドメインのみである場合はこれらの問題も関係なくなります。

コントロールパネルで新たなドメインを追加する場合、サブドメインにワイルドカードの使用が出来るか否かに関わり無く新規ドメインとそのディレクトリを指定する事になるので、ここまでの手間はどちらも一緒です。

全ての新規ドメインを”www.domain.com”と同じディレクトリに指定さえ出来れば、後はWordPress側でドメインマッピングの設定をするのみになります。


マルチサイト、マルチドメインが使えないサーバー

既に上記の事でご理解頂けると思いますが、このマルチサイト、マルチドメインが使えるか否かは、新たなドメインを全て同じWordPressのインストールディレクトリに設定することが出来るか否かにかかっています。

レンタルサーバー会社によっては、新たなドメインあるいはサブドメインを設定した際に、自動的にそのディレクトリが生成されるシステムになっているケースがあります。この場合はドメインを任意のディレクトリに変更することも出来ないケースが多く、マルチサイト、マルチドメインは使う事が出来ません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ