マルチサイトの設定

マルチドメインを使用するにあたり、まずはマルチサイト機能を使用するための設定を行ないます。

ちなみにWordPress.orgにおけるこの手順は正式には「ネットワークの作成」と呼ばれる手順であり、よって本文中でも”ネットワーク”という言葉を使いますが、内容的にはほぼ同義語と考えてください。

下記の通り、画像などもあるので文章で説明すると長くなってしまいますが、実際にやる作業は非常に単純なもので、2、3分程度で終わるような内容です。


作成前準備

ネットワークの作成を行なう前に、まずは下記の作業を行ないます。

  1. 全てのプラグインを「停止」する。
  2. wp-config.phpと.htaccessのコピーを各2つ用意する。(バックアップ用と書換用)
  3. WPインストールディレクトリ以下の”wp-content”内に”brog.dir”ディレクトリを作成する。

ネットワークの作成

まず、作業前後を明確にするために、左メニューの「ツール」を見ておきます。

「ツール」メニュー設定前

次に”wp-config.php”の20行目前後

// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。

の下に下記の一行を加えます。

define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

(場所はここでなくても良いのですが、話を早くする為そのように書いておきます。)

そしてページをリロードし、左メニューの「ツール」を見てみると、

「ツール」メニュー設定後

「ネットワークの設定」という項目が増えているのが解ります。
この「ネットワークの設定」をクリックします。

「WordPressサイトのネットワークを作成」画面

「WordPressサイトのネットワークを作成」というページに移ります。この赤枠で囲われた部分でネットワークの作成を行ないます。

「WordPressサイトのネットワークを作成」設定項目(1)

  1. URLの形式をサブドメイン形式にするかサブディレクトリ形式にするかを選択します。
  2. 「ネットワークのタイトル」及び「管理者のメールアドレス」を記入します。

    メールアドレスはWordPressのインストール時に使用したものと同じにしておくのが無難でしょう。
    「ネットワークのタイトル」はデフォルトのままで構いません。(後から書き換え可)

  3. 「インストール」ボタンをクリックします。

すると、下記のページが表示されます。

「WordPressサイトのネットワークを作成」設定項目(2)

  1. 赤枠で囲われた部分を各々コピーし、”wp-config.php”及び”.htaccess”にペーストします。

    “wp-config.php”の場合は追加、”.htaccess”の場合は書き換えになります。
    ちなみに”wp=config.php”の場合は、先に書き込んだ”define (‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);“の下に続けてペーストすれば良いと思われます。

  2. 「ログイン」ボタンをクリックすると、一旦ログアウトしますので再度ログインします。

    ※お使いのサーバーによっては、ページ上段に「注意!ワイルドカードDNSが正しく設定されていない可能性があります。」との表示が出ますが、基本的には無視して構いません。

トップのメニューバーに「参加サイト」という項目が増えているのが解ります。

「参加サイト」プルダウンメニュー

カーソルを「参加サイト」に当て、プルダウンメニューから「サイトネットワーク管理者」をクリックします。

「ネットワーク管理者」ダッシュボード

トップメニューの「ネットワーク管理者」の表示を見て、現在の位置を確認します。

次に、左メニューの「サイト」をクリックします。

「サイト」一覧の表示状態

「サイト一覧」が表示され、一つ目のサイトがリストに載っているのが解ります。


マルチサイトの作成

新たにサイトを作るには、「新規追加」をクリックし、「新規サイトを追加」のページへ移動します。

「新規サイトを追加」設定項目

  1. 「サイトのアドレス」にサブドメイン名を記入します。
  2. 「サイトのタイトル」記入します。
  3. 「管理者メールアドレス」を記入します。新たなサイトを運営するのが自分であれば、こちらもWordPressのインストール時のアドレスを記載しておけば無難です。

上記3ヶ所の記入を終えたら「サイトを追加」ボタンをクリックします。

「サイトを追加」した後の「サイト」一覧の表示状態

サイト一覧ページが表示され、新たなサイトがリストされている事が解ります。