WordPressのマルチサイト機能についてはWordPressをお使いの方であれば
少なからず、ご存知の事と思います。

それでは、WordPressでマルチドメイン(複数ドメイン)機能が使える事をご存知でしょうか?

更には、これら2つの機能が使えるか使えないかは、最終的に
レンタルサーバー会社の選択にかかっている、という事はご存知でしょうか?

マルチサイト機能とマルチドメイン機能

たったひとつのWordPressで複数サイトを運営できる。

こんな便利な機能がマルチサイト機能であり、
これは元来WordPressが持つ機能です。

しかしながら、この機能の欠点はそれら複数のサイトが
1つの独自ドメインでしか運営できない事でした。

今運営されている、あるいは今後運営する予定の複数の独自ドメインのサイト。
それがひとつのWordPressで全て運営する事が出来たらどんなに楽だろうか?

そのようにお考えになった事は無いでしょうか?

しかしながら、あるプラグインを導入することでマルチドメイン機能が有効になるのです。

WordPressをマルチドメインで使う

マルチドメイン機能を有効にするためには下記の2つのステップが必要となります。

  1. マルチサイト機能を有効にするための設定。

    上述の通り、マルチサイト機能は元来WordPressが持つ機能ですが、
    最初にインストールした段階ではこれらの機能は有効になっていません。
    ですから、これらを有効化するための設定を行ないます。

  2. マルチドメイン機能を有効にするためのプラグインの導入。

    こちらはWordPressの持つ機能ではありませんが、
    WordPress MU Domain Mappingというプラグインを導入する事で
    使用できるようになります。

一見読んだ限りでは少々小難しそうに見えますが、やってみれば超カンタン。
慣れてしまえば、両方で5分もあれば出来るようになるでしょう。

最終的に使えるか使えないかはレンタルサーバー会社次第。

上述の通り、マルチドメイン機能を有効にする事は極めて簡単です。
しかしながら、この機能を有効とするにはいくつかの条件が必要とされます。
そして、その中でも最低限これだけあれば使用可能となる、という条件が1つだけあります。

その条件とは

全てのドメインをWordPressのインストールディレクトリに宛てる事が出来るか否か

という点です。

しかしながら、これはレンタルサーバー会社側の設定やシステムの問題となります。
すなはち マルチドメイン機能が使えるかどうかはレンタルサーバー会社次第であり、
ゆえに 選択すべきレンタルサーバー会社もおのずと決まってくる
という事になります。

WordPressでマルチドメインが使えるサーバー一覧表はこちら